So-net無料ブログ作成

新国立劇場 オペラ「ジークフリート」 [オペラぁ!]

無題.jpg

新国立劇場のワーグナーのニーベルンの指環はゲッツ・フリードリヒの演出。
今回は4部作の第3作「ジークフリート」、
前回第2作の「ワルキューレ」は昨年の幕開けのプロダクションでした。
公演レビューはこちら↓
http://turlinco.blog.so-net.ne.jp/2016-10-06

第1幕はミーメの鍛冶小屋。
背景の森は黒い円柱の林立で抽象的に表現されています。
テントも張ってあって鍛冶小屋はキャンプ場の炊事場のような感じですが、
分かりやすい舞台装置です。
第1幕の登場人物はミーメ、ジークフリート、ヴォータン。
ジークフリート役はワルキューレでジークムントを歌ったステファン・グールド、
前回は父親で今回は息子役という事ですが、
5時間を超える終幕までほぼ出ずっぱりなので強靭な喉と相当な体力が必要です。
ヴォータン役も前回と同じくグリア・グリムスレイ、
90分余りの第一幕ですがわずか3人で歌っているとは思えない存在感です。

第2幕、
「恐れを知らない」ジークフリートは恐れを知るためにと森へ分け入ります。
ファフナーが操る怪物を聖剣で倒し指環と隠れ頭巾を手に入れますが、
バルーンで作った怪物の巨大な足はちょっと興ざめ。
小人族のミーメやアルベリヒの策略にも怯まず打倒、
「恐れ」を知る事は出来ませんでした。

第3幕、
無背景の舞台中央に佇むヴォータン。
力を借りるために地下の智の女神エルダを呼ぶと、
舞台全面がせり上がり、怪しげな奈落からエルダ登場。
ダイナミックな演出ですが、
主神だったヴォータンの思い通りにはならないよう。

その後は炎に囲まれたブリュンヒルデが眠る岩山。
ワルキューレの終幕からつながりますが、
舞台もワルキューレの時の滑走路のような装置が再使用され、
本物の炎のようなものが前面で揺れています。
ブリュンヒルデ役は前回のイレーネ・テオリンからリカルダ・メルベートへ。
包み込むようなしっとりとした歌唱です。

150年も前の音楽劇に5時間以上も浸っていると、
頭の中が空っぽになっていくような感じがして来ます。
しばらくその状態が続き家へ帰って、
新聞を読んでも政治の事や事件や事故なども何だか些末な事に思えて来るのです。

今回も皇太子の列席がありました。
次は「神々の黄昏」という事でしょうか。


2017年6月1日 新国立劇場 オペラ「ジークフリート」
 
スタッフ
指揮 : 飯守泰次郎(IIMORI Taijiro)
演出 : ゲッツ・フリードリヒ(Götz FRIEDRICH)
美術・衣裳 : ゴットフリート・ピルツ(Gottfried PILZ)
照明 : キンモ・ルスケラ(Kimmo RUSKELA)
演出監修 : アンナ・ケロ(Anna KELO)
演出補 : キム・アンベルラ(Kim AMBERLA)
舞台監督 : 村田健輔(MURATA Kensuke)
 
キャスト
ジークフリート : ステファン・グールド(Stephen GOULD)
ミーメ : アンドレアス・ コンラッド(Andreas CONRAD)
さすらい人 : グリア・グリムスレイ(Greer GRIMSLEY)
アルベリヒ : トーマス・ガゼリ(Thomas GAZHELI)
ファフナー : クリスティアン・ ヒュープナー(Christian HÜBNER)
エルダ : クリスタ・マイヤー(Christa MAYER)
ブリュンヒルデ : リカルダ・ メルベート(Ricarda MERBETH)
森の小鳥 : 鵜木絵里 九嶋香奈枝 安井陽子 吉原圭子
 
森の小鳥(ダンサー): 五月女遥 
 
管弦楽 : 東京交響楽団
協力 : 日本ワーグナー協会
芸術監督 : 飯守泰次郎

タグ:ワーグナー
nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽