So-net無料ブログ作成
検索選択

シェムリアップのホテル「メゾン・ポランカ」 [2017年シェムリアップ]

IMG_0972.JPG
シェムリアップ到着の日に泊まったホテルは「メゾン・ポランカ」
個人オーナーの僅か5室の小さなホテルで、
手入れが行き届いた緑溢れる敷地に、
クメール様式の木造建物が点在しています。

道路に面して看板はなく、
門柱にトレードマークのバンヤンツリーの葉のレリーフが掲げてあるだけ。
空港からタクシーで(7ドル)で地図をたよりに探しましたが、
場所が分からず、運転手さんも聞いた事のないホテルだと言います。
近くまで来ている事は確かだと思いホテルへ電話してもらうと、
目の前のゲートが開いて砂利の広場が現れましたが、
ここがホテルのエントランスでした。
IMG_0797.JPG

IMG_0731.JPG
緩やかなカーブを描く砂利道をスタッフの案内で進みます。

IMG_0753.JPG
緑のアプローチの先にはレストラン兼用のレセプション。
東屋のソファで飲み物を頂きながらチェックインをします。
気の置けない友人宅に招かれたような、
心地よさと気安さがあります。

IMG_0752.JPG
砂利道を歩いていくと、
スタッフがおしぼりを持って出向かえてくれます。

IMG_0754.JPG
右側の東屋がレセプションに使われるスペース。

IMG_0759.JPG
客室棟は高床式の木造建物で2階に客室が4室あり、
手前のバルコニー付のところが今回泊まった部屋です。

IMG_0734.JPG
その1階部分はピロティでちょっとしたラウンジのようなスペースになっています。

IMG_0698.JPG
室内は巾の広い木の床に、
屋根勾配に沿った天井は梁がむき出しになっています。
部屋はそれぞれテーマの色があって、
泊まった部屋はグリーンルーム、
ファブリックがグリーン系でまとめられています。
その他、
オーナーのセンスで揃えられた家具や調度品などにそのセンスが光ります。

IMG_0715.JPG

IMG_0863.JPG
カーテン等ファブリックも洗練されています。

IMG_0713.JPG
フルーツには手作りっぽいシルバーのフォークが添えられています。
少しくすんでいたので純度の高い銀製品のようですが素朴でいい感じ、
夕食後にナイトマーケットの銀器屋さんで同じようなものを見つけました。
値段を聞くと12本で72ドルとの事でししたが値切って20ドル(約2,300円)で購入。

IMG_0988.JPG
部屋の目の前にあるプールは緑に囲まれプライベート感もたっぷり、
お菓子の差し入れもありました。

IMG_0784.JPG
4人で1泊朝食付きで410ドル(約43,000円)でした。

Maison Polanka
http://www.maisonpolanka.com
Upper East River Road  North of Wat Polanka
Siem-Reap Angkor, Cambodia
Call: international +855 12 499 810    

「2017年シェムリアップ」のトップページはこちら↓
http://turlinco.blog.so-net.ne.jp/2017-03-08


タグ:ホテル
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行